works「Ta Prohm タプローム」

タ・プローム(Ta Prohmម)は、
カンボジアのアンコール遺跡群の内のひとつで、
12世紀末に仏教寺院として建立され、
後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられてます。
この遺跡に立つと、苔むした石の遺跡に、
大蛇のように絡まる熱帯の巨樹の存在感に圧倒されます。
この場所は恐ろしいくらいに植物のエネルギーが充満していて、
人間の文明が滅びた後は、植物によって覆い尽くされていくのか、と
自然の力の大きさを改めて実感しました。

Ta Prohm is one of the ruins at Angkor in Cambodia. 
It was built in the late 12th century as a Buddhist temple,
and is said to have been renovated for use as a Hindu temple later.

Standing at this ruin,
I was overwhelmed by the presence of gigantic tropical trees,
each entwining like a huge serpent,
on the mossy ruin made of rocks.

The place was filled with the tremendous energy of plants. 
Before my eyes, the remaining ruins were covered by plants
after the collapse of the civilization. 
It made me realize the great power of nature once again.