写真家・福岡将之の写真サロン

オンラインサロンでは、
会員の皆様に、以下の6つの特典があります。

1 毎月の「お題」と作品へのアドバイス
2 毎日配信される福岡の作例と解説
3 オリジナルプリントプレゼント
4 会員さま同士の交流
5 撮影会の参加費の割引
6 メールサポート

1 毎月の「お題」と作品へのアドバイス

毎月、「今月のお題」として、撮影テーマを設定します。
その内容に沿って、写真を撮っていただいたり、
また、あなたのお好きな自由テーマで撮られた写真を
メールで送っていただきます。

その作品を、サロンの会員サイトに掲載し、
私からのアドバイスやコメントを記します。

また、作品にたいして、次の5つの項目で
5段階評価をいたします。

・露出、ピントなどの基本技術
・撮影意図の明確さ・構成
・構図のバランス
・光の扱い方
・着眼点の面白さ

会員サイトでは、他の会員さんの作品と、
それに対する私のコメントも、
全てご覧いただけます。

すでにたくさんの作品が掲載されていますので
それらの作品に対する実践的なアドバイスを読むだけでも
とても勉強になりますよ。

「今月のお題」「自由テーマ」を合わせて、
毎月8枚まで、送っていただくことができます。

2 福岡の作例と解説

私が、あちこちに旅行に出かけたときに、
撮影した、さまざまなジャンルの写真を
毎日、作例として紹介しています。

また、それぞれの写真に、
詳細な撮影データを表示しているので、
カメラの設定などの参考にしていただけます。

3 オリジナルプリントプレゼント

写真は、印画紙にプリントした状態で完成と考えています。
パソコンやスマホのモニターではわからないような、
細部へのこだわりなど、
実際にオリジナルプリントで見ていただきたい
ということで、

会員になっていただくと
毎月、私のオリジナルプリント(A4サイズ)が
郵送で届きます。

毎月、額に入れて、差し替えて飾ったりして
お楽しみください。

4 会員さま同士の交流

会員さま専用のLINEグループをつくっています。
そちらで、会員さま同士の交流をすることができます。
たとえば、
「今日はこんなところに撮影に来ています」
といったような、
リアルタイムでの配信で盛り上がることもあります。

5 撮影会の参加費の割引

(こればかりは、関東近郊の人だけになってしまいますが・・・)

定期的に開催している撮影会に割引価格で
参加していただけます。
(通常1日5,000円のところ、3,000円です。)

6 メールサポート

会員さまには、メールやLINEを使って、
随時、写真撮影に関して困ったことなど、
ご質問にお答えいたします。

参加費

写真サロンは、月会費制です。

入会された日から、毎月更新となります。

会費は、7,000円(月額、税込)です。

*ペイパルでの会費の決済です。
銀行振込でのお支払いもご利用いただけます。
フォーム入力後に届く案内をご覧ください。

お申し込みは、こちらから。




福岡将之写真サロン・お申し込み
姓名必須 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
郵便番号必須  – 
都道府県 必須
住所 必須
建物名・部屋番号
TEL 必須

 


会員さんのご感想です。

八代夕里さま 東村山市在住

「写真サロンってどんな感じなんだろ~?と
おそるおそる(笑)参加!
つたない写真にも、先生の優しいアドバイスがあり
プロの視点とはこういうものか!と毎回思います。
他の方の写真に対するアドバイスなどもとても参考になり、
また皆さんの着眼点なども、なるほど~~~~と感心したり。
今までなんとな~く、撮っていた写真も
せっかくとるなら!構図や光の角度等気にしてみたら、
自分が幸せ思える写真が撮れることを教わりました。
上級者の方が沢山いらっしゃって・・・
自分のつたない写真が掲載されるのは・・・
ちょっと恥ずかしい気もしますが・・・
限定のサロンですし、皆さんの写真を参考にしながら
これからも・・・お気に入りの1枚を撮っていきたいとおもいます。
皆さんすごいな~と思いつつ・・・がんばろう!という気持ちになります。」


井上しのぶさま 京都府在住

「受講生の方々と撮影の感動や苦労を共有し、そして上達できる集いの場です」

面白い被写体に出会った時、頑張って撮った時・・・
受講生のみんなとこの気持ちを共有したい。
そして上達もしたい。
写真サロンはそんな欲張りな願望を叶えてくれました。

提出した作品は花や旅の写真をはじめ
第一線で活躍されているプロ写真家の福岡将之先生が
5つの項目で添削、そして講評してくださるという何とも贅沢な内容。

もちろんオンラインなので
私の様に地方に住む者でも心置きなく受講できるのは嬉しい限りです。

1ヶ月8枚の提出作品のうち、4枚は月々のテーマに添った2つのお題作品を2枚ずつ。
テーマに合った被写体がなかなかみつからず必死に探すのも貴重な経験ですね。

撮ったけれどこれで良いのかな?思ったら疑問点を添えて迷わず提出。
先生がどこに気をつけたら更に良くなるかをわかりやすく講評して下さいます。
決して難しい事ではなく目からウロコが落ちる事もしばしばで、
知らず知らずと自分の視野が広がっていくのを感じます。

カメラは一眼レフに限らずコンデジやスマートフォンでもOKなので
それぞれの特徴を生した作品を提出するのも面白いかもしれません。

そしていつも受講生の方々の作品を拝見させていただくのがとても楽しみです。
自分には考えつかなかった発想や技術に良い刺激をいただいて
ますます写真撮影が楽しくて好きになっていく毎日です。