works「circle」

img20090912083840.jpg


国立新美術館で展示したインスタレーションの作品です。(2008年)


環状列石(ストーンサークル)は、世界中に見られる古代の遺跡です。
日本に於いても、北日本を中心に存在しています。

環状列石の役割については、諸説あります。
大きいものは祭祀の場としての役割があったと言われています。
天の神様との交信をする場だったのかもしれません。

神道の起源は、自然崇拝で、
古神道において、岩石も信仰の対象とされていました。

この作品では、16個の石の写真を
円状に配置し、中央に鏡を置いて、
神が降りてくる場、天と交信する場を表しています。

My installation art displayed at the National Art Center, Tokyo.(2008)
Stone circles are ancient ruins and are found worldwide.  In Japan, they are mainly found in the north.There are various theories as to the role of stone circle.  Large ones are said to have been used as a place of ritual.  Maybe they were the place where humans once communicated with gods in heaven.

The origin of Shintoism is nature worship, and in ancient Shintoism rocks were a subject for worship.

 In this work, I arranged 16 photos of stone, set in a circular pattern, with a mirror in the center of the circle to express a descending place for gods, and a place to communicate with heaven.