column「神棚拝詞を読んでみましょう。」

norito

神社でもらった祝詞の中で、
「神棚拝詞」というものがありました。

きっと家の神棚に、毎朝読み上げるものでしょう。

読んでみると、とても良いことが書かれていました。

特に「負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く 身健に 
世の為人の為に尽くさしめ給へと・・・」

の部分を読むと

ちゃんと自分に出来る仕事に励んで、社会の役に立っているか、
健康に気を配っているか、
自分への問いかけになります。

毎朝、これを神様に読み上げることで、自分へ言い聞かせるのでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーー

『神棚拝詞』

これのかむどこにます かけまくもかしこきあまてらすおおかみ
此れの神床に坐す 掛けまくも畏き天照大神 

うぶすなのおおかみたち もろもろのおおかみたちのおおまえに
産土大神等 諸々の大神等の大前に

かしこみかしこみももうさく
恐み恐みも白さく

おおかみたちのひろきあつきみめぐみを かたじけなみまつり
大神達の広き厚き御恵みを辱み奉り 

たかきとおとき みおしえのまにまに
高き尊き神教のまにまに

なおきただしき まごころもちて まことのみちに たがふことなく
直き正しき真心持ちて 誠の道に違ふことなく 

おひもつわざに はげましめたまひ いえかどたかく みすこやかに
負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く 身健に 

よのため ひとのために つくさしめたまへと
世の為人の為に尽くさしめ給へと

かしこみかしこみももうす
恐み恐みも白す