column「古事記を読んでみましょう。」

o0800053313194477718

古事記を読みました。

古事記は、世界の創世から、日本の国の成り立ち、
皇室の由来が記された、国家が編纂した歴史書です。

古事記が記されたのと同時期に、同様の国家編纂の歴史書として
「日本書紀」が有名で、この2つを合わせて「記紀」といいます。

なぜ、同じに時期に2つの歴史書が出来たのかというと、
古事記は日本国内向け、日本書紀は海外向け、
つまり当時の中国向けに書かれたものだからです。

日本書紀は漢文で書かれているので、
中国の人にも読めますが、
古事記は、万葉仮名で書かれています。
万葉仮名は、日本語の音に合わせて、
一音一音に漢字を当てた表音文字なので、
文字だけを見ると意味が分かりません。

古事記はずっと昔から読まれてきた訳ではありません。
古事記の存在は知られていなかった書物で、
真福寺写本が発見されて、
江戸時代中期の国学者、本居宣長が40年かけた研究のおかげで、
今の私たちが読めるようになりました。

古事記なんて、難しそうと思って敬遠していましたが、
読み出してみると、どんどんのめり込んでしまいました。

日本の各地を旅行する際、伊勢や出雲など神社を訪れる際に
読んでおくと、「あ、この神様知ってる!」とか
「あの神話の関係のある場所なんだ」とか
楽しみも増えますよ。

古事記はいろいろ現代語訳の本がありますが、
こちらが読みやすく翻訳されていますのでおすすめです。

「現代語古事記 決定版  竹田 恒泰 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4054050751