『ガーデンダイアリーvol.5』本日発売です。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日は、私がメインで写真を撮っている
ガーデンムック『ガーデンダイアリーvol.5』が
発売されます。

植物や庭の写真が盛りだくさんです。
花の写真、庭の写真の参考にしていただける内容だと思いますので
ぜひ、ご覧ください。

大きな書店で探してみてください。

アマゾンだと、送料無料ですぐに手に入りますよ。

『ガーデンダイアリーVol.5』
↓アマゾンでのご購入はコチラから。
http://www.amazon.co.jp/dp/4074149028

ベトナムのハノイに行ってきます

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日からベトナムのハノイに行ってきます。
20日の夜に帰国します。
ハノイのホテルで、パソコンのインターネットが快適に使えるかどうかは
わかりませんが、たぶん、中国よりはいいかな?と思います。
ベスト30、その他の課題等の作品を送っていただいて、
対応ができるようでしたら、掲載いたします。
この期間、送っても私から返信がない場合は
写真の送受信ができるネット環境が使えないということですので、
帰国までお待ち下さい。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

フェイスブックに『壁写真部』を作りました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

フェイスブックに、新しいグループ
『壁写真部』を作りました。

皆さん、ご存知だと思いますが、
私は、花や風景の写真も好きですが、
壁の写真も好きなんですね。
壁って、人の手と自然の力と時間の経過が加わって
とても素晴らしいアート作品になっていることがあります。
その部分を抽出することで、
一枚の絵画のように見せることができる、
とても面白い被写体です。

こちらのグループは、フェイスブックをなさっている方は
どなたでも投稿していただけますので、
ぜひ、ご参加ください。
まずは「壁写真部のルール」を読んでくださいね。

https://www.facebook.com/groups/wallphotogroup/

中国の雲南省に行ってきます。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

おはようございます。
明日の朝の飛行機で、
中国雲南省の撮影ツアーに行ってきます。
2月29日の夜に帰国します。

ANAのワンダーアースという旅行パッケージの中の
雲南省の、地平線まで続く菜の花畑、
世界遺産の石林、ハニ族の世界最大の棚田の風景を
撮りに行く、というツアーの講師として同行します。

雲南省の結構な田舎で、
これまで、インターネットがまともにつながったことがないので、
2月29日まで、
ベスト30の作品応募、そのほかの課題の写真の提出、メールサポートなど
お休みさせてください。
作品等を送っていただくのは、
2月29日の夜にお願いします。
(あまり早くに送っていただくと、
たくさんのメールに紛れ込んで、見失ってしまいます。)

ちょっと長い期間、お休みさせていただいて、
ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いします。

銀座で一番古いビル

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

個展をやっているギャラリーが入っている
奥野ビルは、銀座で一番古いビルだそうで
昭和一桁代の建物です。
東京大空襲でも残り、
3.11の震災のときでも壊れませんでした。

とてもレトロな建物で
数多くのギャラリーが入っています。
動画で建物の様子を撮って
Facebookに公開していますので、
見てみてください。
https://www.facebook.com/masayuki.fukuoka.photography/

エレベーターは、自分で扉をこじ開けて乗る
珍しいものです。
映画やドラマのロケにも使われていて、
昨日は、俳優の仲村トオルさんが撮影していました。

ここで個展をやると、
来てくれた人に個展の感想を聞くと
ほとんどの人が
「ビルが面白かった」と言います(笑)

ビルに負けないような展覧会にしないといけませんね。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

クリスタルボウルの演奏会

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

一昨日から、個展が始まりました。
たくさんの生徒さんが来てくださいました。
いつも、メールのやり取りだけですので、
やっとお顔を拝見できる方も多く、
とても嬉しいです。

昨日は、ちょっとサプライズなことがありました。
友人で、クリスタルボウルという楽器の演奏の第一人者の方が
私の個展会場でライブをやってくださいました。
昨日の朝に友人からメールが来て、
その場で決まりました。

クリスタルボウルというのは、
水晶でできた器を叩いたりこすったりして、
とてもピュアな音を奏でる楽器です。
聞いていると、独特の響きの音で、
心が浄化されるようです。

今まで、友人の演奏を何度か聞きましたが、
今までで一番優しく柔らかい響きでした。
彼が言うには、私の植物写真から出るエネルギーと共鳴して
優しい音になったそうです。

とても良い時間を過ごせましたので、
今晩もやってもらうことになりました。
18:30から20分くらい演奏していただきます。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

今日から個展です。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

昨日から、西日本では大雪のようですね。
雪に慣れていない地域ですので
お足下にお気をつけください。
でも、せっかくの機会ですから
珍しい雪景色の写真も
もしゆとりがあったら撮ってみてくださいね。

今日の午後から、
個展が始まります。

額装を準備して、実際に展示を行ってみて、
結局、2枚の写真の展示をやめることにしました。
せっかく作ったのだから、
所狭しと並べたいと思うところですが
やはり、一つの空間を作るとなると
白壁の余白も大事なんです。

一つのものを印象的に見せるには
その周囲の状況にも気を配る、というのは
写真の撮影と同じですね。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

ぜひ、一度個展をやってみてください。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日、来週から始まる個展の展示作業を行います。
小さなギャラリーでの個展で、
展示する枚数も限られる分、
作品のセレクトは、けっこう難しかったです。
思い入れのある写真を選ぶことができました。

個展をやるときは、いつも思うのですが、
展示が完成した瞬間がいちばん感動します。

みなさんも、(とくにベテランの方は)
一度、個展ということを経験されるといいですよ。
ひとつの空間に、自分の写真が額に入って
展示されているシーンを見ると
感動しますよ。

そして、期間中、
この写真のセレクトで良かったのか、
このレイアウトで良かったのか、
ずっと悩むことになります(笑)

個展期間中は、基本的にずっと会場にいる予定ですので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

別室では、写真以外の面白いインスタレーション作品を
展示する予定です。
こちらもお楽しみに。

個展の作品の最終選考をしています。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

来週(25日〜)からの個展のための
作品の最終選考をしているのですが、
いままでに撮影した、
大量の植物、庭の写真をずっと見ていて、
ちょっと恥ずかしいことなのですが、
なぜか、感極まって、涙がぼろぼろ出てきました(笑)

それは、自分の写真を自画自賛しすぎて、
感動して泣いていた訳ではなく、
その写真を撮らせていただく際に、
お世話になった人たちのことを
1枚1枚見るたびに、思い出していたからです。

これまで、たくさん写真展をやってきましたが
庭をテーマにした個展は、
実は今回が初めてなんです。

なぜなら、それらは、ほとんど
雑誌の取材などで、仕事として撮っていたからです。
なので、これまで個展というのは、
仕事で雑誌なので世の中に出るものではなく、
自分がプライベートでアジア旅行したりして
撮っていたものを出していました。

今回、初めて
庭をテーマに開催することにしました。

そうすると、それらのほとんどは、
仕事がらみのものなので、
私の写真の技術を信頼してくれて
撮影を依頼してくれた人たちのおかげで
撮ることができた写真ばかりなのです。
もしその人たちが居なかったら、
今、私はこうして、
写真を撮るという仕事をすることはできていません。

つまり、今回の作品選びの過程で、
これまで自分を支えてくれてきた人たちのことを
一人一人思い起こすことになったのです。

中には、もうこの世にいらっしゃらない方もいます。
その方は、ご自分のお葬式で、
私が撮らせていただいた庭の写真の
スライドショーを上映してくださいました。
亡くなる前にご自身で準備をされていたそうです。

2週間前に、展示するプリントは出来ていたのですが、
再度見直しをして、半分以上、差し替えになりました。
前日まで悩みそうです。

個展の準備をしています

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

来年1月の最終週に、銀座の画廊で
久しぶりに個展をします。
今回、実は初めて庭の植物が主役の写真展に
しようと考えています。
植物を主に撮っているのに、
これまでは、外国の風景などばかりを
展示していました。
今、どれを展示するか、
作品選びを行っています。

詳細の日程、場所などは、
また改めてお知らせいたします。