銀座で一番古いビル

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

個展をやっているギャラリーが入っている
奥野ビルは、銀座で一番古いビルだそうで
昭和一桁代の建物です。
東京大空襲でも残り、
3.11の震災のときでも壊れませんでした。

とてもレトロな建物で
数多くのギャラリーが入っています。
動画で建物の様子を撮って
Facebookに公開していますので、
見てみてください。
https://www.facebook.com/masayuki.fukuoka.photography/

エレベーターは、自分で扉をこじ開けて乗る
珍しいものです。
映画やドラマのロケにも使われていて、
昨日は、俳優の仲村トオルさんが撮影していました。

ここで個展をやると、
来てくれた人に個展の感想を聞くと
ほとんどの人が
「ビルが面白かった」と言います(笑)

ビルに負けないような展覧会にしないといけませんね。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

クリスタルボウルの演奏会

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

一昨日から、個展が始まりました。
たくさんの生徒さんが来てくださいました。
いつも、メールのやり取りだけですので、
やっとお顔を拝見できる方も多く、
とても嬉しいです。

昨日は、ちょっとサプライズなことがありました。
友人で、クリスタルボウルという楽器の演奏の第一人者の方が
私の個展会場でライブをやってくださいました。
昨日の朝に友人からメールが来て、
その場で決まりました。

クリスタルボウルというのは、
水晶でできた器を叩いたりこすったりして、
とてもピュアな音を奏でる楽器です。
聞いていると、独特の響きの音で、
心が浄化されるようです。

今まで、友人の演奏を何度か聞きましたが、
今までで一番優しく柔らかい響きでした。
彼が言うには、私の植物写真から出るエネルギーと共鳴して
優しい音になったそうです。

とても良い時間を過ごせましたので、
今晩もやってもらうことになりました。
18:30から20分くらい演奏していただきます。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

今日から個展です。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

昨日から、西日本では大雪のようですね。
雪に慣れていない地域ですので
お足下にお気をつけください。
でも、せっかくの機会ですから
珍しい雪景色の写真も
もしゆとりがあったら撮ってみてくださいね。

今日の午後から、
個展が始まります。

額装を準備して、実際に展示を行ってみて、
結局、2枚の写真の展示をやめることにしました。
せっかく作ったのだから、
所狭しと並べたいと思うところですが
やはり、一つの空間を作るとなると
白壁の余白も大事なんです。

一つのものを印象的に見せるには
その周囲の状況にも気を配る、というのは
写真の撮影と同じですね。

個展の案内はこちらです。
http://masayukifukuoka.com

期間中、基本的にずっと会場にいますので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

ぜひ、一度個展をやってみてください。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日、来週から始まる個展の展示作業を行います。
小さなギャラリーでの個展で、
展示する枚数も限られる分、
作品のセレクトは、けっこう難しかったです。
思い入れのある写真を選ぶことができました。

個展をやるときは、いつも思うのですが、
展示が完成した瞬間がいちばん感動します。

みなさんも、(とくにベテランの方は)
一度、個展ということを経験されるといいですよ。
ひとつの空間に、自分の写真が額に入って
展示されているシーンを見ると
感動しますよ。

そして、期間中、
この写真のセレクトで良かったのか、
このレイアウトで良かったのか、
ずっと悩むことになります(笑)

個展期間中は、基本的にずっと会場にいる予定ですので
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

別室では、写真以外の面白いインスタレーション作品を
展示する予定です。
こちらもお楽しみに。

納まりがいい画面構成

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

私は画面構成に関しては、
次の2つのことしか考えていません。

・バランスがいいかどうか
・無駄なものか入っていないかどうか

画面構成を考える際に、何か良い言葉はないかな
と考えていましたが、
ありました。

それは、
「納まり(収まり)」です。

よく「納まりがいい」といいますよね。

いろんな物事が調和している感じ。
いろんなものが、有るべき場所に有る、
といった感じでしょうか。

今度、写真を撮るときに、
「納まりがいいかどうか」
ということを、
ちょっと頭に入れて撮ってみてください。

関東地方は大雪です。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日の関東地方は
すごい雪です。

北海道に住んでいたので、
雪は慣れてはいますが、
関東の雪は湿っていて重たいのが大変です。

北海道の粉雪では、
吹雪の中、カメラを持ち歩いても
とくに問題なかったですが、
関東では、雨と同じように、
濡れないように気をつけないといけないです。
ちょっとおっくうになってしまいますね。

電車もまともに動きませんし、
今日はおとなしくしておこうと思います。

個展の作品の最終選考をしています。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

来週(25日〜)からの個展のための
作品の最終選考をしているのですが、
いままでに撮影した、
大量の植物、庭の写真をずっと見ていて、
ちょっと恥ずかしいことなのですが、
なぜか、感極まって、涙がぼろぼろ出てきました(笑)

それは、自分の写真を自画自賛しすぎて、
感動して泣いていた訳ではなく、
その写真を撮らせていただく際に、
お世話になった人たちのことを
1枚1枚見るたびに、思い出していたからです。

これまで、たくさん写真展をやってきましたが
庭をテーマにした個展は、
実は今回が初めてなんです。

なぜなら、それらは、ほとんど
雑誌の取材などで、仕事として撮っていたからです。
なので、これまで個展というのは、
仕事で雑誌なので世の中に出るものではなく、
自分がプライベートでアジア旅行したりして
撮っていたものを出していました。

今回、初めて
庭をテーマに開催することにしました。

そうすると、それらのほとんどは、
仕事がらみのものなので、
私の写真の技術を信頼してくれて
撮影を依頼してくれた人たちのおかげで
撮ることができた写真ばかりなのです。
もしその人たちが居なかったら、
今、私はこうして、
写真を撮るという仕事をすることはできていません。

つまり、今回の作品選びの過程で、
これまで自分を支えてくれてきた人たちのことを
一人一人思い起こすことになったのです。

中には、もうこの世にいらっしゃらない方もいます。
その方は、ご自分のお葬式で、
私が撮らせていただいた庭の写真の
スライドショーを上映してくださいました。
亡くなる前にご自身で準備をされていたそうです。

2週間前に、展示するプリントは出来ていたのですが、
再度見直しをして、半分以上、差し替えになりました。
前日まで悩みそうです。

神社でビックリしたこと

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

神社に行って、ビックリしたことがあります。
年配の男性が、御手水で
柄杓に水を汲んで、ゴクゴクと豪快に飲み干したのです!
しかも2杯も。
喉が渇いていたのか分かりませんが、
「ちょ、ちょっと・・・」と思いました。

私は神社に行くのが好きなので
神社の作法は、基本的なところは分かっているつもりですが、
きちんと正しい作法を知っているかというと
そうでもないですね。
この男性を見て、自分もどこかで
おかしなことをしていないか、気をつけようと思いました。

自分のフィールドを持ちましょう。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

いろんな場所に出かけて写真を撮るのは
楽しいですよね。
あちこちに行くのもいいですが、
「今年はこの場所に何度も通ってみる」というように
どこか1つの場所を自分のフィールドにして
何度も足を運んで、
その土地のことを深く掘り下げてみるのも
楽しいと思います。
写真を撮るだけではなく、
その場所の歴史や文化、風土も
一緒に調べたりするのも面白いと思います。

阿蘇の不思議なパワースポットに行ってきました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

熊本の阿蘇周辺の面白い場所に行ってきました。
阿蘇の北外輪山の丘陵地帯の丘の上にある
「押戸石」と呼ばれる不思議な場所です。

阿蘇の火砕流大地の緩やかな丘の上に
そこだけ、不思議なことに、大小数々の岩が配置しています。
古代の祈りの場所なのか分かりませんが、
さらに不思議なことに、
岩には、古代のシュメール文字が描かれています。
ユネスコ岩石芸術学会、
アメリカやカナダの岩石芸術学会などで認証された
先史時代の巨石文化遺跡なのだそうです。

もっと不思議なのは、
しめ縄がかかった押戸石は、
不思議な磁気を発していて、
方位磁石がぐるっと回転します。

シュメール文字に関しては、
「見方によっては」という感じでした。

これは、現地の受付でもらったパンフレットから引用したものですが、
以下のサイトによると、そのような事実はないとのことです。

http://www.geocities.jp/flowercities/oshito/
いずれにせよ、
いろんな見解があり、謎の多い場所です。
分からないことは、たくさんありますね。