冬の午後の青い光

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

冬型の気圧配置の日が増えて、
関東地方は、青空の日が多くなってきました。
風は冷たいですが、日差しは暖かく感じます。

私は、晴れた日の冬の午後3時すぎの
日陰の青い光がとても好きです。
街を歩いていると、辺り一面
青い世界に変わるときがあります。
日によっても違いますが、
機会がありましたら、
ちょっと気にしてみてください。

一番好きなクリスマスツリー

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

11月はハロウィーンが終わって、
街はすっかりクリスマスの飾りつけ一色になりましたね。
この変わり方の早さは日本ならではですね。
これから、年末まで、一気に時間が過ぎてしまいそうです。

東京駅横に、KITTEという商業施設があります。
この中に、私が一番好きなクリスマスツリーがあり
毎年楽しみにしています。

何の飾り付けもない、真っ白の
ただ雪が積もっただけのもみの木のイメージなので
北海道のスキー場に行くと、たくさんありそうですが、
都会の建物の中では、とても新鮮です。

KITTEの中には、東京大学理学部所蔵の標本がかっこよく展示されている
無料で入れる博物館もあります。
ここの雰囲気が好きで、頻繁に訪れます。

機会がありましたら、ぜひ見てみてください。

勤労感謝の日

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日は「勤労感謝の日」ですね。
この「勤労感謝の日」の由来について
友人たちと話をしていて
意外と知らない方が多いということを
最近気がつきました。

もともと、今日は、
宮中祭祀でも最も大事なお祭りの一つである
「新嘗祭(にいなめさい)」が行われる日です。
新嘗祭は、その年の五穀豊穣を感謝して、
皇居にある宮中三殿の神嘉殿で行われる儀式です。

天皇陛下の最も大事なお仕事は
国民が飢えないように、
食べ物が豊富にできるようにと
八百万(やおよろず)の神様にお祈りをされることですから、
飛鳥時代の皇極天皇の時代から続くこの新嘗祭は、
とても大切な行事です。

戦後、GHQの占領下において、
この新嘗祭を国の行事から切り離され、
「勤労感謝の日」と名前を変えられ、
意味がよく分からない祝日になってしまっています。

大きな意味でいえば、農作物の収穫は
農家の方の労働の成果ですから、
「勤労感謝」という言葉も、
まったく的外れではない気もしますが、
その由来を知っておくことも大切なことだと思います。

日本の稲作文化の国。
風景・風土の原点は、田んぼだと思います。
つまり、稲と水です。
全国にある神社も、基本的には、稲がよく実るように
お祈りをするものですし、
秋のお祭りも、収穫を祝うものですね。

稲作文化という視点で日本の風景を眺めてみるのも
面白いと思います。

貴重な写真集を頂きました

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

先日、あるお世話になっている方から、
とても貴重な写真集を頂きました。

それは、
私がこれまで最も影響を受けた写真家の
前田真三先生の初期の写真集で
「出合いの瞬間」(1977年)という本です。

この写真集は、部数が少なく、
大変なこだわりで作られた本で、
日本の風景写真の流れを決定づけた記念碑的な本です。

昔、前田真三先生から見せてもらったことがありましたが
この本の写真が、私が自然を切り取るときの基準であり目標になっています。
とても古い本ですが、写真は今見ても、古さを感じません。

直筆サイン入りのこの本は、
私の家宝になりました。

皇居勤労奉仕4日目

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

4日間の皇居勤労奉仕も
昨日で無事終了しました。
昨日は、私にとってはメインイベントの
「宮中三殿賢所」に行くことでした。
ご成婚の儀などでテレビで放映される場所ですが、
皇居で最も重要な場所です。
ここを訪れたくて、
奉仕団に参加しているみたいなものです。

「宮中三殿」は、3つのお社からなっていて
中央の賢所には、
三種の神器の一つ、八咫の鏡の形代
(かたしろ:コピーのようなものですが、同じ霊力があるとされています)
が祀られています。
本体は伊勢の神宮の内宮にあります。
つまり、天照大神が祀られているということですね。

向かって左側の皇霊殿(こうれいでん)には、
歴代の天皇陛下の御霊が、
向かって右側の神殿には、八百万の神々が祀られています。

塀の中には入ることはできませんが、
正門の前に立って、参拝させていただきます。
ここでの参拝は、柏手を打ったり、手を合わせたりしません。
それは天皇陛下が行うことだからだそうです。
私たちは一礼をするだけです。

昨日は、もうすぐ行われる新嘗祭のために
宮中三殿の参道と前庭の落ち葉掃除と雑草とりをさせていただきました。

なかなか出来ない貴重な経験でした。

皇居勤労奉仕3日目

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日の午前中は、皇居の東御苑を案内していただきました。
東御苑は、江戸城の本丸や大奥、天守台などがあった場所で
どなたでも無料で入ることができます。
外国の人はここのことを知っていますが
日本人は、あまり知らないようです。
私も四季折々訪れています。
とても気持ちのいいところですよ。
ぜひ、一度行ってみてください。

午後は、天皇・皇后両陛下の御会釈を賜りました。
2〜3mの至近距離でお会いできるので
大変感動しました。
よく考えたら、自分の親よりも頻繁にお会いしています(笑)

皇居勤労奉仕2日目

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日は青山にある「赤坂御用地」の清掃でした。
赤坂御用地の中には、皇太子殿下がお住まいの東宮殿をはじめ
各宮家のお住まいがある、大変広く美しい庭園です。
園遊会の会場でもあります。
雨上がりの朝、地面から沸き立つ水蒸気で
園内は霧が立ちこめたようになって、
そこに朝日が差し込んで、
それはそれは美しい光景でした。
写真撮影が一切禁止されているので
欲求不満になります。

皇居勤労奉仕1日目

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

今日、皇居の勤労奉仕の中で
今まで入ったことがない
面白い場所で除草作業をしました。
宮殿の一部ですが、
オリンピック選手で金メダルをとった方が
皇居に呼ばれて、お茶会を催されるときにも
使われる建物の窓から見える
枯山水の庭です。
枯山水の庭は石だけなので、除草をする場所が無いと
思っていましたが、
庭の縁の植え込みの根元に、帯状にわずかに生えるカタバミなどの草を
除草するように言われました。
数名で、除草をしてみると、
なるほど、する前と後では、庭全体美しさが違いました。
そんな端のほうの草なんか抜いても・・・
と思いながら、作業していましたが、
終わって、離れてみると、全体的な調和の撮れた庭園に変わりました。
不思議なものです。

明日から、皇居の勤労奉仕に行ってきます。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

明日から、4日間、
また、皇居の勤労奉仕に行ってきます。
去年は行き過ぎてちょっと疲れたので
今年は2回にしました(笑)

皇居勤労奉仕は、戦後、荒れた皇居を
きれいにしたいと、
東北の青年団が手弁当で出てきて、
ボランティアで皇居を回復する作業を行ったことに
始まります。
年間に3万人の人が日本中からボランティアに来ます。
紅葉が美しいと思いますが、写真を一切撮れないのが
つらいところです。
落ち葉の掃除がメインの作業になります。

ということで、
明日から早朝から出かけますので、
ベスト30の更新作業は夜間に行います。
提出される方は、夜の22時までに送ってください。

新宿御苑の菊

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someoneShare on LinkedIn

雨が続いて、すっかり寒くなりましたね。
ちょっと風邪気味です。

先週は、九州から母と叔母が3姉妹で
上京してきたので、
都内をいろいろ案内していました。
新宿御苑にも行ってみました。
新宿御苑では今、菊の展示が行われています。
1本の菊から、数百の花を咲かせる
「大作り花壇」が見事でした。
開花をぴったりと合わせる技術力が
素晴らしいです。
機会がありましたら、訪ねてみてください。